<今回のデマ>
  • <デマ>「『私権制限が強い国と同じ対策を日本でやっても上手くいかないのでは』という散々言われてきた事に対して、枝野は何も答えを用意してなかった。
  • <デマ拡散者>黒瀬深
  • <事実>
    • 黒瀬深がDappiのデマ動画を鵜呑みにしただけ。実際には枝野は党首討論において私権制限について答えている。
    • 黒瀬深は自分が気持ちよくなれさえすればどんなデマでも平然と拡散する異常者。黒瀬の発言を信じることは人間としての知能を放棄することにも等しい。
2021y06m25d_115036276
↑自分が気持ちよくなれるのであればどんなデマでも平然と拡散し、何の反省も絶対にしない黒瀬深。人間のクズの究極進化形の一つと言っても過言ではない。

(スポンサードリンク)

黒瀬深という「ネトウヨの皇帝」と呼ばれる奴がいます。このブログでも何度もその愚劣すぎるデマと、崩壊し過ぎている主張を紹介してきました。詳しくは黒瀬深のデマに関する過去記事をご覧ください。「黒瀬深 デマ」で検索するだけでもいくらでも見つかります。



黒瀬は息を吐くようにデマを吐く完全な異常者で(嘘を吐くことに何の抵抗もないのだろう)、西村幸祐などと同じく人間のクズの究極進化形ぐらいに思っているのですが、前回、その黒瀬が自分では何一つ調べずDappiのデマを鵜呑みにして拡散したことを紹介しました。



今回はその続きです。



脳みそ停止の呪いのかかっている黒瀬深、Dappiを鵜呑みにする


詳しくは前回記事に書いてありますが、Dappiという有名デマゴーグが党首討論の切り取り動画を作り、枝野氏が菅総理の主張に反論できず「それは党首討論にふさわしくない話だ」と言って議論から逃げたかのようなデマを拡散しました。Buzzfeed Japanなどにもそのことが紹介されていますのでご覧ください。




なんでDappiみたいなデマゴーグを信じることができるのか不思議ですが、そのDappiデマを脳みそ停止して鵜呑みにして拡散したバカの一人が、ネトウヨの皇帝黒瀬深です。

本当にヤバいのはDappiのデマを何一つ調べず鵜呑みにしている黒瀬深の頭ですね。黒瀬深は野党批判や安倍政権擁護のためなら、どんな露骨なデマでも平然と吐きます。嘘を吐くことに抵抗感というものがないんでしょう。どうも黒瀬深は知能と人格が腐る「呪い」に掛かっているらしい。


しかし、黒瀬はただDappiのデマを鵜呑みにして拡散するだけでは終わりませんでした。


批判されても何も調べない黒瀬深。「枝野は何も答えられなかった」はデマ


Dappiを鵜呑みにしたという時点であきれ果てますが、Buzzfeedなどで取り上げられたこともあり、黒瀬のところには「それはデマだ」という反論が寄せられます。ところが、黒瀬はまたも何一つ調べることなくこう反論したのです。

>>やたらと党首討論に文句言いまくってる人いますけど、
>>実際に見た人はどのぐらい居るのでしょうか。
>>枝野代表は「私権制限が可能な国と同じ対策を日本でできるのか?」と問われて
>>何も答えられなかった。
>>どう考えても菅総理より枝野のレベルが低いから議論にならないのでは。



クズ過ぎるぞ、黒瀬深!!


「(党首討論を)実際に見た人はどのぐらい居るのでしょうか」と言っていますが、黒瀬自身が党首討論を見ていないことは明らかです。枝野氏は私権制限についてちゃんと答えています。引用してみましょう。
2021y06m25d_111142181

 私、枝野代表からゼロコロナというのを何回か聞いたことがあります。ゼロコロナ戦略というのは、要は無症状の方も含めて検査を実施して感染者を徹底して探すということになるわけでありますけど、本党では特措法の私権制限強化に、これ非常に慎重な立場でした。国民の皆さんにどうやって検査をしてもらうか、強制的な検査を受けてもらうのか。ここは1回、ぜひ私も伺ってみたいというふうに思っていました。

 また、欧米諸国では検査を徹底しても感染拡大は止まらなかった。強制的に検査を行うことができない中でどうされるのか。そして同時に、何回となくオーストラリア、ニュージーランド、台湾、こうしたことを例に出されますけども、この3国というのは罰金や懲役による強い私権制限を行っているところです。そしてオーストラリア、またこうした国、特にオーストラリアについては人口密度が非常に少なく、日本の100分の1であります。そうした中と、私、そうしたその強い私権制限のできるところと比較することはいかがなものかなというふうに思います。(引用元
2021y06m25d_111148877

 私たちは、例えば検査の対象は、私は場合によっては政令でも拡大できる話だと思いますし、100%しないとニュージーランドやオーストラリアのようなことができないのかというと、必ずしもそうではありません。徹底して1人の感染者の周辺を検査するということ自体、アプローチしてこなかったというのは間違いありません。

 それからよく私権制限の話をされるんですが、私たちは別に私権制限に否定的ではありません。ただ、きちっとした補償がなければ、それは私権制限されて首をつらなければならない、そんな状況に国民を追い込んではいけない。だから補償とセットでなければならないと。私たちはずっと言い続けています。

 もう1点だけ申し上げます。確かにロックダウンをした。そういう国、ロックダウンの効果はあったけれども、でもリバウンドしている。リバウンドしている国とニュージーランドやオーストラリア、台湾との違いは、どこまで我慢したかなんです。やっぱり早く解除をしたら、どんなに強い抑制をしてもリバウンドは生じている。

 そして、日本は他国のような強い強制措置を持っていなくても、例えば緊急事態宣言などを出したことによって、感染がどれぐらいのスピードで減っていっているのかというのは、この1年、他国と比べてみても、強いロックダウン措置を取った国と比べて、決して見劣りしないスピードで落ちてきています。つまりそれだけ国民の皆さんは協力をしてくださっているんです。そうした国民の皆さんの努力をリバウンドによってすぐにまた緊急事態宣言を出すということによって無にしてはいけないということを私は申し上げているんです。
引用元) 
「検査対象拡大は、ニュージーランドやオーストラリアのようなことができないのかというと、必ずしもそうではありません」


「我々は私権制限に否定的ではなく、保障とセットでなければいけないと言っている」


「NZやオーストラリアや台湾がリバウンドしなかったのはロックダウンしたからではなくリバウンドが起きないレベルまで我慢したから」


なんでこれで黒瀬は「何も答えられなかった」なんて言うのか。黒瀬が党首討論を見ていないことは明らかであり、黒瀬は野党を貶めるためならどんなデマでも吐くのです。


また、「日本国憲法には緊急事態条項(国会緊急権)がないから有効な対策が打てないのだ」と言って憲法のせいにする高橋洋一みたいなのもいますが、実際にはNZもオーストラリアも台湾も、またフランスとかアメリカとかも、国家緊急権は発動していません。日本ではNZやオーストラリアや台湾のような対策はとれないというのが事実なのか、はなはだ疑問です。


いずれにせよ、

>>枝野代表は「私権制限が可能な国と同じ対策を日本でできるのか?」と問われて何も答えられなかった。

>>枝野代表は「私権制限が可能な国と同じ対策を日本でできるのか?」と問われて何も答えられなかった。

というのは、Dappiのデマ動画を脳みそ停止して鵜呑みにしてあげく、デマを指摘されても自分自身で党首討論の話し合いを調べようともしなかった黒瀬深の完全なるデマです。


黒瀬深という奴は、全人格がデマと差別でできているといっても過言ではないでしょう。自分に都合がいい事は何でも鵜呑み、都合が悪いことは見ようとしない。このブログでは何度も行ってきましたが、黒瀬深の言うことを信じることは、人間としての脳みそを放棄するのと同じことです。人間としての誇りが少しでもあるなら、黒瀬深のような奴の言うことを鵜呑みにするような真似だけは、死んでもしてはダメでしょう。

↓黒瀬深がこれまで吐いてきたあまりにも愚劣なデマと妄想のほんの一部。どんな人生を送れば、こんなにデマを吐けるほど人間が腐れるのか想像もつかない。

↓デマ画像を拡散する黒瀬深


↓バカすぎる黒瀬深


↓差別デマを吐く黒瀬深


↓現実には存在しない脳内左翼と戦う黒瀬深


↓野党批判デマと政権マンセーデマを流しまくる黒瀬深







↓虚言癖の黒瀬深


↓デマを吐いといて批判されると被害者面する厚顔無恥な黒瀬深


このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ランキング
(スポンサードリンク)