<今回のデマ>
  • 「夫婦別姓になったら遠い先祖が辿れなくなるから反対」
  • 「夫婦別姓は家族を解体しようとする左翼的かつ共産主義のドグマ」
  • 「夫婦同姓は日本の伝統」
<デマ拡散者>
  • 高田純、安倍晋三など
<事実>
  • 夫婦別姓でも高田純が「高田」の苗字を元に遡れる人数は変わらない。
  • 夫婦別姓の場合、もう片方の親の先祖も辿りやすくなるため、むしろ先祖が辿りやすくなる。
  • 日本以外に夫婦同姓を義務化している国はないのだから、夫婦別姓で家族が解体するのなら、日本以外の全世界で家族が解体しているはずである。
  • 日本以外に夫婦同姓を義務化している国はないのだから、夫婦別姓が左翼的かつ共産主義のドグマなら、日本以外の全世界が左翼で共産主義と言うことになっています。
  • 夫婦同姓は明治31年に家制度に必要だから法的に義務化されたにすぎない。明治9年から明治31年までは夫婦別姓が義務だった。家制度がない今、夫婦同姓を法的に義務化しなければならない理由はない。
2021y10m18d_174555200
↑いくら何でもこの論理性の無さは人間として恥ずかしいが、「夫婦別姓反対」が先にあって、理由としてなんとなく思いついたことをよく考えもしないで投稿してしまったのだろう。都合のいいことは検証もしないで脳みそを停止して鵜呑みにするのは、高田純を始め、ネトウヨと呼ばれる生物の特徴である。

(スポンサードリンク)

このブログでは何度も言っていますが、愛国カルト(ネトウヨ)という生き物の最大の特徴は、何と言っても「頭が悪い」ということです。


このブログで3回ほど取り上げた高田純という男がいます。理学博士というぐらいですから、理系専門分野のことは理解できるのかもしれませんが、「日本の伝統」みたいな話だと途端にとてつもなく頭が悪くなります。今回取り上げるのは、選択的夫婦別姓に関することです。

>>日本人の姓には歴史あり。他国と比べる必要なし。
>>夫婦別姓に私は反対です。
>>子孫が、どの素性かわからなくなります。
>>高田姓だからこそ、私は遠い先祖をたどれるのです。



頭悪すぎだろ、これ。


選択的夫婦別姓反対論者で、夫婦別姓になったら先祖が辿れなくなるから駄目だという主張は、私は初めて見ました。高田純、一応札幌医科大学で教授やってたくせに、何でこんなに頭悪いの?


そもそも遠い先祖を辿る必要性がわかりませんが、選択的夫婦別姓の場合、先祖を辿れる可能性はむしろ高まります。少なくとも、夫婦別姓のせいで先祖が辿れなくなるなんてことは絶対にありえない。


選択的夫婦別姓でも、子どもは夫婦どちらかの姓を名乗ることになります。子供が親と全く違う姓を名乗るのなら「先祖を遡れない」という主張もわかりますが、そうではないのですから、高田の主張は全くの不成立です。


このブログに来られている人は、高田純レベルの低知能な人はいないと思いますので説明する必要はないと思いますが、一応図示しておきます。ここでは分かりやすいように、夫婦同姓の場合は全員が夫の姓を、選択的夫婦別姓の場合は全員が別姓を選んだものとしておきます。


まず、夫婦同姓の場合です。(名前は全て仮名です)


↓図1:夫婦同姓義務(現状)
2021y10m18d_162910614

言うまでもなく、「高田」で遡れるのは高田姓の人だけです。この場合は、母親の方は遡ることができません。では、夫婦別姓の場合はどうでしょうか。


↓図2:夫婦別姓の場合
2021y10m18d_162931658

高田純は「高田姓だからこそ、私は遠い先祖をたどれるのです」とか言っていますが、別に夫婦別姓でも高田純は高田純のままなので、高田姓の先祖を辿ることについては、何も変わりません。


それどころか、夫婦の苗字が変わらない場合、上の図で言えば田中や佐藤や高橋や加藤など高田姓以外の先祖も調べやすくなるので、「先祖を遡る」という点においてはむしろ夫婦別姓の方が都合がいいはずです。


というより、そもそも「高田姓だからこそ、私は遠い先祖をたどれるのです」って、意味不明もいいところですよね。どうして名字で先祖が辿れるのか。どういう状況を想定しているんでしょうね。


高田純の脳みその中でいったい何が起きているのかわかりませんが、「夫婦別姓反対」って言うのが先にあって、その根拠としてなんとなく思いついたことをよく考えもせずに文字にしてしまったのでしょう。


高田は、このブログで取り上げただけでも、
「首里城は赤くなかった」とか
「蓮舫が二重国籍で逮捕される」とか、
バカなことを言っていました。高田純も他のネトウヨと同じく、自分の都合のいいことに出会ったり思いついたりしたら、よく確認もしないで鵜呑みにしてしまう頭の人なのでしょう。


何かを発言する際には、最低限の論理性や、事実確認ぐらい欲しいものですね。



追記1:「夫婦別姓で家族が壊れる」デマ


さて、高田は「日本人の姓には歴史あり。他国と比べる必要なし」と言っています。これについても検証しておきましょう。


「他国と比べる必要なし」と言っているのは、「全世界で、夫婦同姓を法的義務にしているのは日本だけ」という事実のことを指しているのでしょう。このことは国会の答弁書でも言及されています。



安倍晋三という名前のどこぞのバカは、「夫婦別姓は家族の解体を意味する。家族の解体が最終目標であって、家族から解放されなければ人間として自由になれないという左翼的かつ共産主義のドグマだ」というバカ丸出しの妄想を言っていましたが、もしも夫婦別姓が左翼的かつ共産主義のドグマであるならば、日本以外の全世界が左翼で共産主義と言うことになってしまいます。


2021y10m18d_211233093
↑この虚言癖持ちのバカの脳味噌の中では、日本以外の国は全て左翼で共産主義なのだろう。どうしようもなく崩壊した知能レベルだ。幼稚園から出直した方がいい。


高田は「他国と比べる必要なし」なんて言っていますが、別に選択的夫婦別姓賛成派は「他の国と同じようにしよう」なんて言ってるわけではなく、夫婦同姓を義務付けているのが全世界で日本だけだという事実は、「選択的夫婦別姓を導入したら家族が壊れる」なんてことはないという証明だと言っているのです。


「夫婦別姓だと子供が可哀想」とか言う人がいますが、もしも夫婦別姓だと子供が可哀想なら、日本以外のすべての国で子供が可哀想なはずです。それに、今でも外国人との結婚は夫婦別姓が普通なので、親と名字どころか国籍まで違う子供も大勢いるのですが、彼らはかわいそうなのですか?


「夫婦別姓だと子供が可哀想」なんてのは勝手な決めつけであり、妄想です。



追記2:「夫婦同姓が日本の伝統」という嘘


高田純は「日本人の姓には歴史あり」と言っています。しかし、すでに述べた通り、むしろ夫婦別姓の方が先祖は辿れる可能性が増えます。


また、「夫婦同姓が日本の伝統」なんて言う奴もいますが、もちろん大嘘です。法務省のHPを元に、日本の姓の歴史を見てみましょう。



まず、明治より前は、当然夫婦の苗字に関する法律などありません。また、「一般に、農民・町民には苗字=氏の使用は許されず」とあるように、夫婦の苗字も何も、苗字自体がない人が大勢いたわけです。


明治になって、姓を名乗ることが義務化されますが、これも「兵籍取調べの必要上,軍から要求されたものといわれる」とあるので、単に兵役の必要性から生じたものであり、伝統でも何でもありません。


そして、明治9年には、夫婦別姓が法的に義務化されました。これを見ても、夫婦同姓が絶対的に必要な制度ではないことがわかります。


明治31年の旧民法で、今度は逆に夫婦同姓が法的に義務化されますが、「旧民法は『家』の制度を導入し,夫婦の氏について直接規定を置くのではなく,夫婦ともに『家』の氏を称することを通じて同氏になるという考え方を採用した」とあるように、単に旧民法の家制度に必要だったから夫婦同姓が義務化されたにすぎません。


現在、家制度は存在しませんので、夫婦同姓が義務である必要性は皆無です。


結局、夫婦同姓なんてものは、明治31年に家制度に必要だったから義務化されただけで、絶対に守らなければならない日本の伝統でも何でもないのです。


そもそも、「苗字-名前」のシステムだって、明治になって作ったただの制度にすぎず、それまでの日本人の名前は仕組みが全く違います。伝統って言うのなら、こんな風に名乗ったらどうですかね?↓

2021y10m17d_222059342

それに、桂小五郎木戸孝允に改名したように、名字を変えることだって普通でした。斎藤一だって、山口一斎藤一山口二郎藤田五郎と何度も名前を変えています。こんな風に、一人の人間で何度も名字を変えているんですから、「名字で遠い先祖を辿る」なんてバカの妄想です。遠い先祖なんて、家系図を見ないと分からないし、家系図があれば名字が変わろうが先祖を辿ることができます。家系図なしで先祖を辿るなんて、ものすごい労力が必要になるでしょうし、そんな労力をかけて遠い先祖を辿りたい意味が分からない。


今みたいに、「名字」と「名前」を一つずつ持って、それが一生変わらないなんてシステムは、明治になってから必要に迫られて作られたものにすぎません。そして、夫婦同姓義務は、明治31年になってから家制度に必要だったから定められただけの、ただの法制度です。ただの制度なのですから、明治31年に夫婦別姓義務から同姓義務に変わった様に、いつでも法改正だけで変えられるものです。


そして、何より、選択的夫婦別姓なのですから、夫婦同姓がいい人には何の影響もありません。


反対する理由が完全皆無です。


他人の家族の名字なんかに、どうして口出ししたがるんでしょうね。この間も書きましたが、赤の他人の結婚のことに口出ししたがる人って、何なの?

↓赤の他人の結婚を「不当」「認めない」「前代未聞の恥」と中傷した鬼畜クズ野郎の例


夫婦同姓がいい人は同姓を、別姓がいい人は別姓を選ぶだけのことで、誰も困らないのに、なんで夫婦同姓が義務でないといけないという人がいるのか不思議です。高田純みたいに意味不明な脳内妄想してるだけなんじゃないかと思いますけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ランキング
(スポンサードリンク)