<今回のデマ>
  • 『君が代』は私達のご先祖様が、今を生きる私達への想いを紡いだ歌。
  • 「千代に八千代に」は「長い日本国の歴史を踏まえ」という意味。「さざれ石の巌となりて」は「一人一人(個性)を大事にしつつ協力し合って」という意味。
<事実>
  • 『君が代』の初出は『古今和歌集』の「賀歌」の中に収録されており、長寿を祝う歌であり、子孫へ向けた歌ではない。
  • 「千代に八千代に」は相手の長寿を祝う意味であり、「長い日本国の歴史を踏まえ」なんて一言も言ってない。
  • 「さざれ石の巌となりて」は「一人一人を大事にしつつ協力し合う」なんて意味は微塵もなく、「さざれ石の巌となりて苔の生すまで」で一塊。意味は「小さなさざれ石が大きな岩となって、その岩に苔が生すぐらい長い間」という意味で、長寿を祝っている。
  • 『君が代』の「君」はもともと天皇とは限らず、誰と特定されている歌ではなかったが、明治以降、国歌として歌われるようになった『君が代』の「君」は天皇のことであり、「天皇陛下がいつまでもいつまでもご健在であられますように」という意味の歌である。
2021y12m08d_144312396
↑「君が代の歌詞、意味をご存じでしたか?」と言いながら、でたらめの極みのような大嘘をまき散らす。自称愛国者は自分に都合のいいようにどんな嘘でも平気でつくから有害。

愛国者は嘘を好む


前回記事で紹介した「外国人留学生は学費がタダ」というデマを流したツイッタラーのツイート欄を軽く見ていたら、こんなツイートをRTしていました。

一つのデマに騙されてる愛国カルトは、絶対に他のデマにも騙されていますが、やっぱりこういうデマを平然と拡散していました。いい加減にしてほしいものです。


さらに調べてみたところ、アイリスジャパニーズランゲージスクールという語学学校もこのデマを流していました。まさか教育機関がこんな大嘘をばら撒くとは…。



この画像を最初に作ったのがこの語学学校なのかは、それとも他の人が作ったのかはわかりませんが、外国人相手にこんな大嘘を教えて「日本スゴイ」とかやるのは心底やめていただきたい。


今回はこのデマについて取り上げます。



君が代は長寿を祝う歌であり、「日本の歴史が~」などと一言も言っていない


別に「君が代は国歌として素晴らしい!」と言うのも、「君が代なんてクソを国歌なんて認めん!」と言うのも、それは各々の意見なのでいいんですが、君が代をどうとらえるにしろ、嘘はいけません。こんなデマで「君が代素晴らしい」とかいうのは言語道断です。

Et9TE0zUcAI2dJQ

そもそも君が代とは何か。山田孝雄の『君が代の歴史』を元に解説します。

「君が代」は「次世代」ではなく「あなたの寿」


君が代の初出は10世紀初頭に作られた『古今和歌集』です。千年以上も前の歌なんですね。本居宣長は『古今集遠鏡』の中で「君が代」は
「細かい石が大きな岩ほになって 苔の生えるまで 千年も万年も ご繁昌でおいでなされ こちの君は」
という意味だとしています。明治以降、君が代の「君」を天皇と解釈するのが一般的になりましたが、もともとは別に天皇とは限らず、相手の長寿を祝う歌だったのです。


上で紹介したデマ解釈では、「君が代」を「あなたたちの時代(次世代)」などと書いていますが、その時点で。次世代などではなく、「あなたの時代」すなわち「あなたの寿命」「あなたの人生」という意味です。『古今和歌集』の初出では「君が代は」ではなく「我が君は」だったのですが、「我が君」を遠い子孫たちだなんて解釈するのはあまりに無理がありますね。


また、『古今和歌集』のなかには光考天皇が僧正遍照の70歳を祝って「君が八千代に逢ふ由もかな」と、君が代を踏まえて送ったと思われる歌が掲載されています。僧侶の70歳を祝って送った歌であることからもわかる通り、これは長寿を祝う歌であって、次世代云々ではないのです。

日本云々なんて一言も書いてない


上のデマ解釈では、「千代に八千代に」を「この日本国の長い歴史を受け継ぎながら」なんて書いてありますが、もちろん大嘘。なんで「君が代」なのに、いきなり話題が国のことになってしまうのか、どこから日本なんて言葉が出てくるのか。愛国者様の愛国解釈は全く意味不明もいいところです。


さざれ石の巌となりて」が「一人一人(個性)を大事にしつつ、協力し」なんて書いてありますが、これも大嘘。言うまでもなく、「さざれ石の巌となりて」と「苔のむすまで」は別れず、「さざれ石の巌となりて苔のむすまで」で一つの文です。「小さな石が集まって大きな岩となって、その岩に苔が生すぐらい長い間」という意味です。これを2つに分けて、「さざれ石の巌となりて」を「一人一人が協力する」なんて解釈するバカ、生まれて初めて見ましたよ。これを二つに分けちゃったら、苔はどこにむせばいいんだよ?


そもそも、さざれ石が岩となる際に、さざれ石一つ一つの個性なんて欠片ほども大事にされてないだろ! 一つ一つのさざれ石は大きな岩の一部に完全に組み込まれ、身動き取れず、何の主張もできず、個性など何一つ発揮できません。「一人一人の個性を完全に滅して全体の為に尽くす」ならまだしも、何で「一人一人を大事にしつつ協力する」なんて意味に解釈できるのか。本当にこんな頭の悪い解釈する奴がいるって驚き。


本居宣長の言う通り、この歌の意味は「細かい石が大きな岩ほになって 苔の生えるまで 千年も万年も」あなたの繁栄が続きますようにという、相手の健康や長寿を祝い願う歌なのです。


昔は正月など祝い事や、酒宴のあと、君が代を歌ったりしていたようです。正月や酒宴の席で「あなたたち次世代は 日本の長い歴史を踏まえ~」とか歌うわけがないでしょうが。『曽我物語』『義経記』でも酒宴や舞の終わりに君が代を歌ったと書いてあり、時代やシチュエーションを考えても、「日本の長い歴史を受け継いで個性を大事にしながら日本の繁栄が~」とかいう解釈はあり得ませんよ。


本当に、愛国者様の愛国解釈は『ノストラダムスの大予言』並み。長寿を祝う歌が愛国者様にかかると愛国心を歌ったものになってしまうんだから酷いものです。そういえば、「ジョン・レノンの『イマジン』は神道の歌! 靖国神社をテーマにしている!」とか言ってたバカもいましたね。ジョン・レノンが聞いたら卒倒しそうですね。愛国者様の愛国解釈を聞いていると脳みそが溶解しそうです。



「『君が代』は相手の健康や長寿を願う歌なのだから素晴らしい」と言うのならわかりますが、それを
「私達のご先祖様が、今を生きる私達への想いを紡いだ歌」だとか
「日本国の長い歴史を受け継ぐ」だとか
「一人一人(個性)を大事にしつつ協力する」だとか、
一言も書いていない大嘘のデタラメを持ち出して素晴らしいとか日本人の誇りとか言い出す。こういう大嘘はいい加減にしてほしい。嘘からは偽物の愛国心しか生まれません。



明治以降、「君」は天皇になった


さて、ここまで見たように、もともと『君が代』の「君」は天皇に限らず、誰でも良かったのです。一般庶民もこの歌を祝いの席などで歌っていたようで、広く庶民に知られていたようです。しかし、現在『君が代』が国歌であることに反対する人たちは、「君が代」の「君」が天皇であり、民主的な歌でないから反対だという意見でしょう。『はだしのゲン』でもそのような解釈がなされていました。

0822gen_img
2021y12m08d_105232951

『君が代』の「君」がもともと天皇を指していたわけではないのなら、この解釈は間違いなのでしょうか? 『君が代』推進派の中には、「天皇陛下のご繁栄を願う歌うことの何が悪い」という意見の他に、「そもそも『君』は天皇のことではないのだから、『天皇の歌』という批判自体が間違っている」という意見を言う人もいるようです。一体何が正しいのでしょうか?


結論から言いますと、明治以降の『君が代』の「君」は天皇であると言うべきでしょう。


防衛省HPに、『君が代』が国歌になるまでの経緯が書かれていますが、そこにこのように記述されています。
明治9年に初代海軍軍楽隊長の長倉彦二から「天皇陛下ヲ祝スル樂譜改訂ノ儀」と題する上申書が提出され、宮内省と改訂の方向で検討に入りました。その結果、新たに作り直されたのが現在の国歌「君が代」です。
現在の君が代のメロディーは「天皇陛下を祝する楽譜」として作られたことがわかります。したがって、『古今和歌集』に収録された元々の歌は天皇に限る歌ではありませんが、現在歌われている『君が代』は、天皇を祝う歌であると言えます。国歌としての『君が代』の「君」は天皇のことだとわかりますね。


終戦後もそれは変わっていません。1999年、国旗国歌法案についての国会討論で、当時の総理大臣である小渕恵三はこのように言っています。
 一語一句説明をせよということでございますので、長くなるかと思いますけれども、改めて申し上げさせていただきます。 君が代の「君」に関することにつきましては、君が代の歌詞そのものが、平安時代の古今和歌集や和漢朗詠集に起源を持ち、その後、明治時代に至るまでの祝い歌として長い間民衆の幅広い支持を受けたもので、この場合の君が代の「君」とは、相手を指すことが一般的で、必ずしも天皇を指していると限らなかったと考えられます。
 ところで、古歌君が代が明治時代に国歌として歌われるようになってからは、大日本帝国憲法の精神を踏まえ、君が代の「君」は、日本を統治する天皇の意味で用いられました
 終戦後、日本国憲法が制定され、天皇の地位も戦前とは変わったことから、日本国憲法下においては、国歌君が代の「君」は、日本国及び日本国民統合の象徴であり、その地位が主権の存する日本国民の総意に基づく天皇のことを指しており、君が代は、日本国民の総意に基づき、天皇を日本国及び日本国民統合の象徴とする我が国のことであり、君が代の歌詞も、そうした我が国の末永い繁栄と平和を祈念したものと解することが適当であると考え、かつ、君が代についてこのような理解は、今日広く各世代の理解を得られるものと考えておるところでございます。
1999年7月21日衆議院内閣委員会
小渕は「天皇は日本国の象徴なんだから、天皇を祝う歌は日本を祝う歌である」みたいな苦しい解釈をしていますが、いずれにしろ、明治以降、今でも君が代の「君」が天皇のことであることに変わりはないのです。


明治以降の『君が代』は、「天皇陛下がいつまでもいつまでもご健在であられますように」という意味で解釈するほかはないのです。


それを
「天皇陛下万歳!」
というつもりで歌おうが、
「天皇陛下は日本国の象徴なんだから、これは日本の繁栄を願うことだ」
と言おうが、
「天皇をたたえる歌など戦後日本にふさわしくない! これは軍国主義の歌だ!」
と言って歌うのを拒否しようが、それは個々人の解釈なので、ここで文句をつけるのはやめておきます。しかし、君が代をどう考えるにせよ、嘘をついてはいけません。「君が代」には「日本国の長い歴史を受け継ぐ」も「一人一人(個性)を大事にする」も、そんなこと一言だって書いてありません。


従って、最初に紹介したバカが言っていた、君が代は「私達のご先祖様が、今を生きる私達への想いを紡いだ歌」なんてのは大嘘中の大嘘。そんなでたらめ言いながら「君が代の歌詞、意味をご存知でしたか?」「こんなに素晴らしい歌を、大切にしない人が増えています」「日本人の誇りをもう一度取り戻しましょう」とか、恥知らずにもほどがある。


嘘で塗り固めながら何が「日本人の誇りを取り戻せ」だ。まずは勉強しろ! 話はそれからだ。



自称愛国者に愛国心などない


で、このデタラメ大嘘解釈をまき散らしている奴のプロフィールを見てみると案の定「日本を愛しています」なんて書いてある。

2021y12m08d_093404182

このブログで散々紹介してきたように、聞かれてもないのに「日本が好きです」とかプロフィールに書くような自称愛国者様は総じて嘘つきです。そうでない奴をこれまで一人も見たことがない。「日本スゴイ!」という自分の願望に合うように、平然と嘘を吐く。彼らは自分が気持ちよくなれさえすれば、事実なんてど~~~でもいいのです。


こんな大嘘を吐くような連中が持っているのは愛国心などではありません。本当に愛国心があるのならば、ちゃんとまじめに歴史を勉強し、こんな嘘を吐いたりはしないでしょう。彼らは自分が気持ちよくなりたい自己愛の塊にすぎず、日本を愛してなどいません。


以前も教育勅語について、でたらめな大嘘解釈で「教育勅語は素晴らしい」と言ってるアホを何人も紹介しました。阿比留瑠比という産経新聞記者など、教育勅語の原文も読まずに「教育勅語は素晴らしい」とか言ってるのだからどうしようもないアホです。







こういう奴らに騙されないように、SNS情報を脳みそ停止して鵜呑みにするような愚かなことはせず、ちゃんと資料を引いて事実を精査しましょう。何かを是と判断するも非と判断するも、すべては事実に基づくべきであり、願望に基づいてはいけません。



追記:自称愛国者にとって、愛国はポルノである


最初に紹介した「優希 (@YUKI1G2BCBoG0p)」とかいう自称愛国者、やっぱり多分に漏れずに嘘つきで卑怯者ですね。『君が代』の歌詞の解釈のデタラメさを批判した人に、こんなコメントを返しています。
>>分かりやすく解釈し、
>>理解出来るのならば何も悪い事では無いのでは?
>>あなたはあなたの解釈をすれば良いのですから。

>>「さざれ石のいわおとなりてこけのむすまで」以降は
>>仰る通り「小石が成長して大きな岩となり、それに苔がはえるまで」の意味で、
>>限りない悠久の年月を可視的なイメージとして表現したものだそうです。
>>それを私なりに表現しました。
>>それを良いと思って下さる方が多いだけでは?


なんでこんなに嘘つきでバカで恥知らずになれるんですかね。


記事中にも書いた通り、「さざれ石の巌となりて苔の生すまで」を「一人一人(個性)を大事にしつつ協力する」なんて解釈は天地がひっくり返ってもあり得ません。こんなデタラメの大嘘を「分かりやすく解釈し、理解出来るのならば何も悪い事では無いのでは?」と言うなどバカも休み休み言え。


解釈レベルとしては「『ちはやふる』は、花魁の千早が関取の竜田川を振ったという意味だ」というのとかわらない。こんなのは解釈でも何でもなくただのデタラメ妄想。


そして、意味を説明された後も「それを私なりに表現しました」とか言ってる。これも大嘘。冒頭に書いた通り、この優希という人物よりアイリスジャパニーズランゲージスクールの投稿の方が先。したがって、「私なりに表現」したのではなく、単にネットで見つけたデマ画像を脳みそ停止して鵜呑みにしただけ。それを「本当は私は理解してるんだけど、それを私なりに表現したんだ」とか、嘘つき恥知らずにもほどがある。


で、信じがたいのは、こんなデタラメ解釈をまたもや鵜呑みにして感動しちゃう愛国ポルノ大好き愛国カルトたちがいること。

「学校で教えるべき」とか「教科書に載せてもらいたい」とか、なんでここまでバカになれるの? 「わたしも習って無い様な気が」とか言ってますが、こんなデタラメのバカ丸出しのゴミデマを学校で教えるわけがないでしょうが。


こんなデマを脳みそ停止して鵜呑みにしただけのくせして、「君が代の歌詞の意味が分かり、最近鼻歌で歌うようになっていました」「愛国」「ヘイトスピーチ条例に反対します」とか完全なる害毒。

なんで自称愛国者って、こんな風にバカで嘘つきで卑怯者ばっかりなんですかね?


『君が代』の意味もデタラメに変えてしまう。これのどこが愛国者なのか。本当に愛国心があって『君が代』が好きならば歌詞の意味ぐらい知っていて当たり前。こんなネットのデマ画像に騙されるわけがありません。


結局彼らには愛国心なんてものはなく、自分が気持ちよくなれさえすれば何でもいいのです。デマでも何でも都合がいいものを、脳みそを停止して鵜呑みにして気持ちよくなりたいだけ。


彼らにとって愛国はただのポルノです。そしてその愛国をネタにした醜悪な自慰行為を全世界に向けて発信している。吐き気がするほど気持ち悪い。彼らに愛国心などありはしない。日本の恥です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ランキング
(スポンサードリンク)