<ざっくり言うと>
  • 茂木健一郎、かつてはジャニーズについて「すばらしい仕事」「ファンに夢やよろこびを与えてきた」などと言っていたのに、ジャニー喜多川の性加害問題が表面化したら「ジャニーズにだまされる人は芸術の教養が根本的に欠けている」と言い出してしまう。
2023y09m18d_001422351
2023y09m18d_001355711

世間はジャニーズの話題で持ちきりと言っても過言でないほどジャニーズの報道がなされていますが、世の中これでも「ジャニーズ騒動は左翼の陰謀」「韓国の陰謀」などと言う頭のおかしい人たちがいるようですね。



自民党から立候補して千代田区議会議員になってしまった白川司とか、同じく自民党員の竹内久美子とかもこんなこと言っています。自民党という政党の程度の低さが良く分かりますね。


さて、こういう連中の知能は完全手遅れでもはや救いようがありませんが、一方で、別に愛国カルトってわけじゃないですが、「オレはわかってたよ」的アピールをする奴もいます。その一人が茂木健一郎です。
>>ジャニーズにだまされる人は、
>>芸術の教養が根本的に欠けている。
>>クラシックからロック、ポピュラーまで、
>>音楽のほんものに触れていれば、
>>SMAPや嵐には騙されない。



「オレは本物を知ってるから、最初っからジャニーズなんてものには騙されない」と、教養人ぶってマウント取りに来てますね。偉そうですこと。


ところが、この男、かつてこういうこと言ってたんですねえ。
>>嵐のみなさん、ジャニーズ・ジュニアのみなさん、
>>そして、スタッフのみなさん、
>>すばらしいステージをありがとうございました。
>>ジャニーズ事務所のタレントさんは、
>>すばらしい仕事をされてきたし、
>>ファンに夢やよろこびを与えてこられたと思う。
>>その中でもSMAPの大きさはみんな知っている通り。


呆れちゃいますね。かつて「素晴らしい仕事」とか「ファンに夢や喜び」とか「すばらしいステージ」とか言ってたくせして、ジャニーズ事務所がバッシングされたら、ジャニー喜多川だけでなく、SMAPや嵐などジャニーズの音楽も偽物扱いして、それに「だまされる」人は「芸術の教養が根本的に欠けている」なんて言い出すんだから。ジャニーズファンまでバカにするってどういうことなんでしょうね?


このような手のひら返しについて、彼はこう述べています。

>>ぼくはこれからも何千回、何万回でも「手のひら返し」をする。
>>多方面から見ないと世界の多様性はつかめないから。

>>ジャニーズが国民的アイドルというのも、事実。
>>ジャニーズが学芸会というのも、事実。

>>その時、文脈によって、異なる光が当たる。
>>命は水のようなもの。形はいつも変わっていく。



何とも内容空っぽの自己陶酔型ポエム。「命は水のようなもの。形はいつも変わっていく」って何?


自分の手のひら返しを「多方面から見ないと世界の多様性はつかめないから」とか意味不明。今回のジャニーズの性加害・性被害の件と、ジャニーズの音楽の良し悪しに何の関係があるんですかね?


かつてリップサービスだとしても「素晴らしいステージ」などと褒めておきながら、問題が起きれば「ジャニーズに騙される人は芸術の教養が根本的に欠けている」なんて言えちゃうのは、どう考えたって、「多方面から見」て「世界の多様性」を知った結果じゃなくて、自分を他人より優れた人間だと見せたいだけの自己顕示欲ですよね。


こんな風に堂々と手のひら返しをして、それを何ら恥と思わない人間をどうして信頼できるでしょうか?


前から茂木健一郎についてはテレビで「これが脳にいいんです」みたいなことを根拠を示さずに言っていたり、『高校生クイズ』のゲストでコメントしていた時も「早押しのボタンを押したときまだ脳は解答が分かって無くて~」みたいなさっぱり意味の分からない根拠のない解説していて、「偉そうで嫌な奴だなあ」とは思っていましたが、皆さんはこういう手のひら返しをする人間は信頼しないようにしましょう。それこそ「茂木健一郎に騙される人は教養が根本から欠けている」なんて言われかねません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ランキング