<ざっくり言うと>
  • 一色正春、濁りきったヘドロのようなおぞましい人格を露わにするも、その自覚ゼロ。被害者に寄り添う振りをした加害者のおぞましさを見せつける。
<具体的には>
  • 一色正春、出版予定のLGBT本の発行中止に関連し「LGBT活動家は暴力的な人間という事が知れ渡りました」と妄想。出版社は一言だって「暴力や脅迫によって発行中止になった」などと言っていない。
  • LGBTの権利擁護をする人たちを「最大の被害者は波風立てずに普通に生きたいLGBTの人たち」だと主張。
  • 一色の批判する「LGBT活動家」の「活動」とは、「LGBTは異常」「LGBTは社会を壊す」などの偏見を是正し、同性婚など他の人たちが当たり前に享受している「普通」の生き方ができるように求めているに過ぎない。
  • 「波風立てない」ことを求める一色は、現存するLGBTに対する偏見やLGBTが受けている不利益の継続を謳い、「マイノリティーは黙ってろ」と言っているに他ならない。LGBTに、現状受けている偏見や不利益を黙って受け入れることを求めており、明確な加害者である。
  • 一色は自信がLGBTに対する偏見の継続や助長を推進する存在でありながら、「被害者」に寄り添う振りをし、さらにその自覚がゼロ。被害者に寄り添う振りをした加害者というヘドロのようなおぞましい存在だ。
  • 一色のように被害者に寄り添う振りをした加害者に騙されてはいけない。彼らは結局のところ自分たちの事しか考えておらず、言っているところは「オレたちに迷惑かけるな」「黙ってろ」以外のものでは全くない。
↓自覚なき差別主義者・一色正春のおぞましいツイート。自分たちの事しか考えず、全くの無自覚のまま現状の偏見や不利益を肯定し、その偏見や不利益を是正しようと活動する人たちを中傷し、偏見や不利益を「波風立てず」にただ黙って受け入れることを求める加害者であるにもかかわらず、被害者に寄り添っているかのように装う下劣極まりないおぞましい精神性が短いツイートの中によく表れている
2023y12m09d_092727574

被害者面する加害者の醜悪さと言ったらない。私がネトウヨを嫌いな理由の一つが、彼らが人権問題に於いて明らかに加害者でありながら被害者面するところだ。差別発言をして糾弾されたら「言論弾圧された」などと被害者面する。おぞましいことこの上ない。

↓その典型例


そんなおぞましい人間の一人が、今回取り上げる一色正春だ。以前このブログでは「バカの世界チャンピオン」として紹介したこともあるが、その人格的なおぞましさでも世界チャンピオンの資格があるだろう。


先日、KADOKAWAから出版予定だったLGBTに関する本が刊行中止になった。



原題は『Irreversible Damage: The Transgender Craze Seducing Our Daughters』だが、邦題は『あの子もトランスジェンダーになった SNSで伝染する性転換ブームの悲劇』となっていた。「LGBT法案で社会の秩序がめちゃくちゃになる、子供が犠牲になる」などと言っていた有本香あたりが大喜びしそうなタイトルだ。


私は当然この本を読んではいないが、英語のサイトを確認したところによると、「急速発症性性別違和」を主張する本であるらしい。「急速発症性性別違和」とは周囲からの影響によって性同一性障害を引き起こすというものであるらしいが、科学的根拠に乏しく、少なくとも現時点では専門家からはほとんど支持されていないどころか批判されている主張のようだ。


読んでいないし専門家でないのでこの本の是非をここで述べることはできないが、批判が巻き起こったことでKADOKAWAはこの本の出版を中止した。これに対し、一色正春はこんなことを言い出した。

>>LGBTを政治利用や利権化している人たちにとって
>>不都合な真実が書かれているのでしょうが、
>>これでLGBT活動家は暴力的な人間という事が
>>知れ渡りました

>>こうやってますますLGBTの人達への偏見が強くなっていきますが
>>彼らはそれが狙いなのでしょう

>>最大の被害者は波風立てずに普通に生きたいLGBTの人たち



吐き気のするクズっぷりだ。よくもまあここまでおぞましい発言ができるものだと驚かされる。底なしのヘドロのように濁った、一色正春の腐りきった人格がよく表れている。その自覚がないどころか、自分があたかも正義のつもりでいるのが、本当に気持ちが悪い。


100%妄想で構築されたLGBT活動批判:暴力的って何が?


一色正春は知能が足りないのか、本当に妄想癖があるのかわからないが、このツイートで書かれていることは完全に一色の妄想という他ない。まず、この部分。


>>LGBTを政治利用や利権化している人たちにとって


「LGBTを政治利用したい人や利権化してる人」なんてどこにいるのだろうか 「利権化」って何? 一色は特に何にも考えていないのだろう。いつも通り、思考を停止していつものような言葉を繰り返しているだけ。


むしろ、LGBTを政治利用しているのは一色正春自身だ。こうやって「LGBTがー!」って言って、それを政治と結び付けて「LGBTを政治利用している」なんて主張しているのだから。実際、このツイートの後、一色はこの出版中止の件と、杉田水脈や片山さつきと結び付ける発言をしている。

百田尚樹も「LGBT法反対」を叫んで保守党なんてものを作ったが、LGBTを政治利用しているのは疑いようなく一色たちの方である。次に、


>>不都合な真実が書かれているのでしょうが、


これも完全に意味不明な妄想だ。そもそも「LGBTの政治利用」「利権化」だのが完全に意味不明なのだが、「不都合な真実」とはいったい何だろうか? 「急速発症性性別違和」は「不都合な真実」ではなく、差別を助長しうる、科学的根拠を欠いた主張であるようなのだが。


さらに、次も酷い。


>>これでLGBT活動家は暴力的な人間という事が知れ渡りました


一色の脳みその中では、今回の出版中止は暴力的なことであるらしい。だが、何処を調べても暴力的な行為や脅迫などで出版が中止されたという報道も発表もない。KADOKAWAの公式発表は

「ジェンダーに関する欧米での事象等を通じて国内読者で議論を深めていくきっかけになればと刊行を予定しておりましたが、タイトルやキャッチコピーの内容により結果的に当事者の方を傷つけることとなり、誠に申し訳ございません」(公式サイト

というものだ。暴力的な行為によって出版中止に追い込まれたなどどこにも書かれていない。それどころか「当事者の方を傷つけることとなり、誠に申し訳ございません」となっている。なぜこれで「LGBT活動家は暴力的な人間」ということになるのか。


次の発言も完全に意味不明だ。


>>こうやってますますLGBTの人達への偏見が強くなっていきますが
>>彼らはそれが狙いなのでしょう



なぜこの出版中止で「LGBTの人たちへの偏見が強くなっていく」のか。全く訳が分からないが、一色正春はLGBTの人たちへの偏見を強めたのだろう。それは一色がもともとLGBTへの偏見を持っていて、それをこじらせたにすぎない。一色の脳内の中では「LGBT=左翼=言論弾圧」みたいな構図が出来上がっているようだ。ただの妄想にすぎないが。


やはり一色正春は、知能が足りないか、妄想癖があるか、もしくはその両方かだろう。


恐るべき理解のなさを見せつける一色正春:「普通に生きる」って何?


何より、一色の発言でもっともおぞましいのがこの部分だ。


>>最大の被害者は波風立てずに普通に生きたいLGBTの人たち


この発言は人間として最低最悪のクズ発言と言うしかない。差別主義者の典型例と言ってもいい。そして、その自覚さえないのが吐き気がするほどおぞましい。


そもそも「普通に生きたい」って何だろうか? 一色はこの時点で完全に理解が欠如している。


一色の考える「普通に生きる」とは、「波風立てない」こと、つまりLGBTに対する差別や偏見の是正や不利益解消のために活動などせず、何もせずに黙っているということだ。


しかし、一色の独りよがりな脳みそは全く理解できないようだが、一色が批判しているLGBT活動家の活動とは「普通に生きたい」という活動に他ならないのである。

LGBTに対するおぞましいヘイトの数々


現状、LGBTの人たちへの偏見はすさまじいものがある。例えばかながわ自民党市町村議員協議会の一人であった鶴指真澄は同性愛者を「異常人間」「異常動物」と呼んだ。

2015-11-29_153846


小泉純二(東京都練馬区議、自民党)は

「(渋谷区の同性カップルのパートナーシップ条例は)男らしさや女らしさ、男女による結婚を尊重し祝福する日本社会の価値観を否定するもの
「婚姻は次の世代を産み育てること」
「同性カップルから子どもは生まれない」


だと発言した。




藤墳守(岐阜県議、自民党)

同性愛は異常
「少子化は問題と言いながら、子どもが生まれない同性婚を容認している社会が異常


だと発言した。あたかも同性愛者のせいで少子化が促進するかのような言いぶりである。



そして、誰もが知る杉田水脈による「LGBTは生産性がない」発言。



さらには、その杉田を擁護した小川榮太郎による「LGBTは死ぬほど不快」「LGBTの権利を認めるなら痴漢の権利も認めろ」発言。どこどうやればここまで人間腐れるのだろうか?



LGBTというだけで、

異常者と呼ばれ、

不快だと言われ、

生産性がないと言われ、

少子化の原因であるかのように言われ、

痴漢と同一視され、

日本社会の価値観を否定する存在であるかのように言われてきたのだ。


こんな扱いをされて、何が「普通に生きる」だろうか? LGBTというだけで、普通の目で見ようとしないのがこの連中である。


一色が批判する「LGBT活動家」達は、このような偏見の是正を求めているのであり、彼らの活動なしには、「同性愛は異常」という偏見がいつまでも継続してしまう事だろう。もちろん、一色はそれを求めているわけだ。

「普通に生きる」ことができなかったLGBT


上のようなヘイトだけではなく、制度的にも日本はLGBTが「普通に生きる」ことができるようになっていない。


その最たるものが結婚だろう。現在でも日本で同性婚は認められていない。他の人は「普通」にできる結婚が、LGBTの人はできないのである。


トイレなどにしても、他の人が自認する性のトイレに入ることができる一方、LGBTの人はそれができない。他の人が「普通」にできることができなかったのだ。


今年、経済産業省勤務のLGBTの職員が、トイレの利用制限撤廃を求めた裁判で、職員の主張が認められたが、これもトイレの使用という「普通」の行為をさせてほしかっただけだ。



このように、LGBTの人たちは、他の人たちが「普通」にできていることができないのであり、それをできるようにしてほしいと主張しているだけにすぎない。それは何一つ「政治利用」でも「利権」でもなく、ただ「普通に生きたい」ということに他ならないのだ。

自覚なき差別推進者・一色正春の汚泥のようなおぞましさ:被害者に寄り添う振りをした加害者


一色はこう発言した。


>>最大の被害者は波風立てずに普通に生きたいLGBTの人たち


この発言から、一色は「波風立てない」のが「普通」の生き方だと考えていることが分かる。


「波風立てない」とは、LGBTの権利を求める活動やLGBTに対する差別を批判する活動などをしないということだ。


だが、上で見た通り、一色が批判する「LGBT活動家」の活動とは、特別な権利を求めたり政治利用したりしているのではなく、「普通に生きたい」ということに他ならない。


LGBTと言うだけで「異常者」扱いされたり「日本社会の価値観を否定する」存在扱いされたすることなく、他の人と同じように自分が自認する性のトイレが使えたり、他の人と同じように結婚したりできるようになることを求めているに過ぎない。


だが、一色はそのような主張を「波風立てる」ことだと言い批判する。


一色は「波風立てない」ことを「普通に生きる」ことだと勘違いしているが、事実は全くの逆で、主張をしなければ、いつまでも

「LGBTは異常者」

「LGBTは生産性がない」

「LGBTは日本の価値観を壊す」

「同性婚は認めない」

という価値観が続いていくだろう。他の人たちのように「普通に生きる」ことができないのだ。


「波風立てない」とは現状を変えないということだ。「LGBTは異常」「同性婚は認めない」などのこの状況が今後も永遠に続いていくということだ。一色が言っていることは、
「マイノリティーは黙ってろ」
「オレたちに迷惑をかけるな」
「大人しくしてろ」
ということに他ならない。


現状受けている偏見や不利益を、「波風立てない」ようにただ黙って受け入れることを求める一色正春。明確な加害者だが、一色にその自覚はゼロで、むしろ彼が考えるところの「被害者」に寄り添っているつもりでさえいる。


一色正春は、被害者に寄り添うふりをした加害者である。これほどおぞましい存在が他にあるかと思えるほど気持ちが悪い。


人権問題では、必ずと言っていいほど、この一色のように被害者に寄り添ったふりをした加害者が現れる。権利を求める人たちを「政治利用」「利権」などと中傷し、「波風立てない」ことを正しいことであるかのように言う。それは「現状を変えようとするな」と言っているわけだから、現在ある偏見や不利益がいつまでも続くということだ。


一色正春のような、被害者に寄り添う振りをした加害者に決して騙されてはいけない。彼らは被害者のことなど何一つ考えてはいない。彼らが考えていることは、常に自分の事だけである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ランキング