脱「愛国カルト」のススメ

「愛国カルト」とは、「愛国心」を免罪符に、デマや妄想をまき散らしたり、短絡的で極端な排他的発言をしたりする人たちを指します。(一般的に「ネトウヨ」と呼ばれる人たちとほぼ同義です) 最近ネットではあまりに酷いデマとそれを信じる人が多いので危機感を覚え、ブログをはじめました。このブログでは、愛国カルトたちのデマに日本人が騙されないように注意を促すことを目的としています。

    注意:初めての方は「このブログについて」をお読みください。

    現在新規コメントの受付を停止しています。
    このブログについて(最初にお読みください)
    愛国カルト( ネトウヨ )の デマ と妄言の一覧(内容別)
    愛国カルト(ネトウヨ)のデマと妄言の一覧(発言者別)
    自民党と安倍政権による嘘・デマ・妄言・暴言・虚言・捏造の一覧

    2020年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 黒瀬深、「黒人が警察官に射殺される割合は40万人に1人ぐらいだが、警察官は1万人に1人の割合で黒人に射殺されている」と発言するが、完全にデマ。
    • 黒人が警察官に射殺される割合は黒瀬深の主張の倍以上、黒人に殺される警察官の割合は黒瀬深の主張の1/3に過ぎない。
    • 黒瀬深は「別だなんだと騒がれるから、警官も正当防衛すらできてない状態」だと主張するが、全くの根拠不明。
    • デマと差別だけで存在していると言って過言ではない黒瀬深のデマを拡散することは、人間として恥ずべき行為である。
    2020y09m08d_184608991
    ↑毎日デマと差別を繰り返すデマゴーグ黒瀬深。もちろんこのツイートもデマ。 【デマと差別の塊・黒瀬深@Shin_kurose、「警察官1万人に1人が黒人に射殺されている」とデマを吐く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 7年8カ月の安倍政権によって、国民が「敵」と「味方」に分断された。
    • 国民の融和を図るどころか、分断を煽ったことが、安倍政権最大の罪である。
    EgoF_-lVkAAreX6
    ↑国民を「私たち」と「こんな人たち」に分ける安倍政権の姿勢が、国民同士で「敵」「味方」に分かれていがみ合う現状を作り上げた
    【【日本分断(上)】百田尚樹@hyakutanaoki のツイートでわかる安倍晋三最大の罪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ライブドアブログがhttpsに対応したので、このブログもhttpsに移行しました。これにより、「このサイトは安全性が~」という表示がなくなります。

    2020y09m03d_082244646
    ↑httpsに移行すると、URLの横に南京錠マークがつく

    しかし、困ったことに、httpsに対応していない画像が含まれているページは、自動的にhttpsに移行してくれないのです。

    2020y09m03d_082256470
    ↑まだ「保護されていない通信」になってしまう

    1ページずつ直すしかないので、しばらくレイアウトが崩れるページが発生しますが、ご容赦ください。

    また、困ったことに、URLがhttpからhttpsに変わったことで、別のページとみなされるらしく、はてなブックマーク等がリセットされてしまう模様。

    2020y09m03d_082852795
    ↑ゼロに戻ってしまった

    お手数ですが、よければはてブ再登録をお願いいたします。

    今後もこのサイトをよろしくお願いします。

    ↓改めてはてなブックマーク&ツイートお願いします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 朝鮮人虐殺否定論はデマ
    • 「当時の新聞に朝鮮人暴動が載ってるから、朝鮮人暴動は事実」はデマ。内務省の『大正震災志』で否定されている。
    • 警察の記録でも、朝鮮人の暴動・放火・投毒の存在は否定されている。
    • 当時の記録では、起訴に至った事件だけで、233人の朝鮮人が虐殺されたことが確認できる。起訴に至らなかった事件を含めれば、被害ははるかに大きいと推測できる。
    • ヘイトデマは人の命まで奪うことがあるということを、我々は忘れてはならない。
    8-2earthquake-kanto
    震災後の自警団による朝鮮人虐殺の現場とされる写真 【関東大震災朝鮮人虐殺否定論のデマを暴く【歴史修正主義】#私は追悼します】の続きを読む

    このページのトップヘ